CHIDORIASHI BLOG

美容のアレコレと、大好きなコーヒー、カフェのこと。

MENU

虎ノ門にあるこれぞ隠れ家カフェ coffee葵

 

f:id:chidoriashi27:20220914142203j:image

 

ずっと行きたかった虎ノ門にある知る人ぞ知るcoffee葵に行ってきました。かなり小さなコーヒー屋さんですが、昼間でも照明を落とした店内はゆっくりコーヒーを楽しむには最高の空間です。

 

 

 

 

 

 

 

【ささやかな看板を目印にcoffee葵】

 

f:id:chidoriashi27:20220914142630j:image

 

虎ノ門駅あるいは神谷町駅から徒歩10分、行き止まりの様な路地にこんな看板を発見。路地を進んでも20歩くらいで行き止まりに見えるので本当にここ?!とツレとドギマギしながら直進するとちゃんとcoffee葵さん、ありました笑。いざ中へ。

 

 

 

 

 

【coffee葵の店内へ】


f:id:chidoriashi27:20220914142617j:image

↑店内にロースター置いてありました

 

アクセス:虎ノ門駅あるいは神谷町駅から徒歩10分

Wi-Fi 電源:どちらも無し

店内、席数:カウンター4席位、テーブル1席

客層:30代以上のおひとり様か2人連れが多い気がします

MAP:

 

 

f:id:chidoriashi27:20220914142627j:image

↑メニューは筆文字でした。コーヒー、甘いもの、あと朝ごはんメニューもありました。朝ごはんメニュー、気になりますね。今回は夕方に伺ったので、次回は午前中にも伺ってみたいです。


f:id:chidoriashi27:20220914142624j:image

↑浅煎り_エチオピア ¥700

浅煎りだけど酸がすごく繊細でマイルドです。どちらかと言うと中煎りに近い浅煎りなのかもしれませんが、主張しすぎず、サラリとしながら後味でフルーツ感を感じられます。すっきりしていて暑い季節にも○。ゴクゴク飲める安心感があります。

 

 

 

 

【まとめ】

 

f:id:chidoriashi27:20220630203509j:image

美味しかったので、コーヒー豆もおみやげに帰宅。実際、自宅で淹れてもスッキリ美味しかったです。おすすめのシーン ★3つをMAXで評価しました。ゆっくりコーヒーを楽しみたい時や、ぼーっとしたいときにぜひおすすめしたいカフェでした。

 

恋人とまったり:★★★(全体的に暗めの照明でいい感じです)

1人で仕事:★(Wi-Fi電源なく、席数も少ないので仕事には不向き)

コスパ:★(単価はチェーン店のような激安なわけではないので2つ)

 

ここまでお読みいただきありがとうございました^^

 

 

【Wi-Fiカフェ】表参道_uni 夕方以降の照明ライトアップが印象的。

 

f:id:chidoriashi27:20220724142746j:image

 

内装がとても印象的な表参道のGYRE4Fにあるuni。昼間も照明は付いていますが、夕方以降の暗くなった時間はよりライトアップされたいくつもの照明がキラキラ素敵です。この後紹介する階段式の席もあまり見かけないこだわり感かと思いますので、以下書いていきます。

 

 

 

 

 

 

【表参道_uni】

 

f:id:chidoriashi27:20220724142728j:image

↑すいません。この画像ピンボケしていますが、こちらが注文カウンター。

 

  • アクセス :表参道駅A1出口から徒歩4分、明治神宮前駅4番出口から徒歩3分。         
  • 営業日:GYREの準ずる
  • Wi-Fi :あり。そこまで強くありませんが、普通に繋がります。
  • 電源:なし。
  • 店内、席数:以下画像でも説明しますが、階段式の席は席があって無いようなものなので不明笑。ただテーブル席やテラス席もあり、広めではあります。
  • 客層:明治神宮前と表参道の間にある立地なので、週末は20代~も多いが、平日は30代~の客層がメイン。
  • MAP:

 

 

 

 

 

【階段式のめずらしい席スタイル】

f:id:chidoriashi27:20220724142721j:image

 

表参道_uniは建築家‗田根剛さんという方が国内で初めて手掛けたレストラン空間とのこと。コンセプトは「循環」で自然の生命力に満ちた空間をイメージしているらしいです。

 

ちょっと座ってみたい気持ちもありましたが、PC作業をしたかったので、私はカウンターへ着席。このカウンターのイスが意外に座りやすくて驚きましたが、撮影するのを忘れたのでまた次回伺った際に確認しようと思います。

 

 

 

 

【注文してみる】

 

エチオピアの浅煎り¥750を注文。中煎りに近い浅煎りなのか少し苦味もありました。明るい酸は感じられます。浅煎り好きとしては、少し果実感は少なく物足りなさも感じますが、万人受けという所では微かな華やかさと後からくる苦味でバランスはよいのかもしれません。

 

ランチもやっているらしいのですが(ランチプレート¥1600位)、私が言った時間は夕方だったので、確認できず。軽食でクロワッサンやカヌレ(¥350)などもありました。

 

 

 

 

【まとめ】

おすすめのシーン ★3つをMAXで評価しました。私としては、立地もよいので使いやすそうだなと感じたカフェでした。ただ電源が無いので短時間のPC作業するには、また伺いたい感じです。

 

恋人とまったり:★★★(夕方以降は特に照明もきれいでおすすめ)

1人で仕事:★★(電源が無いので短時間作業なら〇)

コスパ:★★(単価はチェーン店のような激安なわけではないので2つ)

 

サブスクPostCoffeeが到着。次月も継続購買したくなるフォローシステムがすごい。詳しく紹介していきます。

 

 


注文して早々に到着した2020年サブスク大賞受賞のコーヒーサブスクPostCoffee【ポストコーヒー】 。色々なサブスクを購入してきましたが、次月に向けてのフォローが、他社にはあまりない内容でとても感動。飲んだ感想や自分好みのコーヒーが届いたのか、次月フォローシステムの全貌を書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

【サブスク大賞受賞のPostCoffeeとは】

簡単に書くと、PostCoffee独自の詳しいコーヒー診断で好みのコーヒーを送料無料でお届けしてくれるコーヒー豆サブスク。以下記事でPostCoffeeの詳細や、注文方法、コーヒー診断ってどんなものかを書きました。

まだ味わったことのないコーヒーと出会えるコーヒーサブスクPostCoffee【ポストコーヒー】

 

www.chidoriashi27.com

 

 

 

 

【注文したPostCoffeeの全貌はこちら】

 

f:id:chidoriashi27:20220710181934j:image

↑コーヒー豆3種類、組み立て式ドリッパー、ペーパーフィルター、淹れ方やショップ説明が書かれた冊子がポストインされていました。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220710181952j:image

↑組み立て式ドリッパーを組み立ててみました。簡単に組み立てることができて楽ちん。ドリッパーを持っていないけど、本格的なコーヒーライフがすぐ始められます笑

 

 

 

 

 

 

【お味は?届いたコーヒーは自分好みだった?】

 

f:id:chidoriashi27:20220710182032j:image

 

↓届いたコーヒーは以下内容でした。自分好みだったかも記載します。

 

  • COFFEE COUNTY
    Rwanda Coko Gold Honey
    ルワンダ チョコ ゴールドハニー

個性的なアフリカ産のコーヒーというより、柔らかな酸や甘さが特徴的で、柑橘類でも日本の柑橘を思わせる親しみやすい味わい

嫌いじゃないけどすごい好きでもない笑。

最初からすいません。最初からドンピシャ好きなのが届くのはやはり難しいですね。でも関心したのはこの後なので、もう少し読んでいただけると助かります笑

 

  • PostCoffee

    Honduras Patriarca
   ホンジュラス パトリアルカ

グリーンアップルの爽やかな酸味とカシューナッツのような香ばしいアロマがバランスの良いコーヒーです。レッドカラントを思わすキュッとした甘みと酸味

まあまあ好き。

これは結構好きな味でした。ドンピシャで大好きなホンジュラスまではいきませんでしたが、軽い複雑さもあり3種類の中では1番好みでした。

 

  • PostCoffee
    PostCoffee Blend
    ポストコーヒーブレンド

柑橘やりんごなどのさまざまな果実感を楽しめる複雑な風味と、糖蜜のような優しく染み渡るような甘さが特徴的な味わい。華やかな印象もあり、つい笑顔になってしまうようなブレンド

まあ、好き。

浅煎り好きですが、3種類の中でこれだけ中煎りのブレンドでした。ただ中煎りでも苦味も強すぎず、甘さがしっかり引き立っていて美味しかったです。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220710182049j:image f:id:chidoriashi27:20220710182058j:image

↑まず1投目。スプーンで軽くカクハンします。ぐるぐる。

 

 f:id:chidoriashi27:20220710182126j:image

↑2投目、3投目を注ぎ、スプーンでまたカクハンしてだいたい3分で落ち切りを目指すのがいつもの私の淹れ方です。

 

 

【お得なクーポン】

PostCoffeeサブスク(定期便)を今回購入するのに、私は初回500円クーポンを利用しました!よかったらお使いくださいませ!

クーポンコード:coffee-81ayxb

↓ここから注文できます。

まだ味わったことのないコーヒーと出会えるコーヒーサブスクPostCoffee【ポストコーヒー】

 

 

 

 

 

 

 

【一番すごいと思ったのは、次回に向けてのフォローシステム】

 

f:id:chidoriashi27:20220710182209j:image

 

届いたお豆が自分好みだったかですが、私の場合は結果50%〜60%位の好みレベルでした。ただ、関心した事はこの後。

 

何事も事後フォローが大切と日々思うのですが、PostCoffeeも事後を大切にしている様で、

届いた豆に対して、自分の感じた味のフィードバックができ、次月お届けに反映するシステムがあります。今までコーヒーのサブスクはいくつか試してきましたが、フィードバックできるシステムは初めてでした。そしてフィードバックするだけでなく、次月のお届けに反映するのは嬉しいですよね!!

 

◆自分の感じた味のフィードバックができる

f:id:chidoriashi27:20220710182535j:image f:id:chidoriashi27:20220710182544j:image 

 

↑注文すると上記左のような、マイページができます。そこから購入した豆の種類や今のコーヒーの好みが確認できます。上の右画像もマイページなのですが、ここから自分の感じた味のフィードバックができること。その内容に応じて、左記画像のコーヒーの好みが変動し、次回のお届けコーヒーに反映するシステム。

 

 

◆フィードバックだけじゃない、リクエスト機能もあり

 

f:id:chidoriashi27:20220710182233j:image   f:id:chidoriashi27:20220715211342j:image

 

 

↑左記画像の様に4項目で味の評価をします。そのうえで、自分のコメントも入力が可能。右画像では、フィードバック以外の機能として、PostCoffeeで取り扱いのある気になるコーヒーの次月お届けリクエストも可能。ただこれは絶対ではないようですが、試しにリクエストしてみました。次月届くか確認してみます。

 

 

 

 

 

【まとめ】

長くなってしまいましたが、まとめるとPostCoffeeの特徴は以下だと思います。

  •  届いたお豆が自分好みだったかですが、私の場合は結果50%〜60%位の好みレベルでした
  •  届いた豆に対して、自分の感じた味のフィードバックができ、次回お届けに反映するシステムや豆リクエストができる

 

サブスクって本当に気に入らないと継続しなかったりするのですが、このフォローシステムの制度にとても感心したのと、今後自分好みの味の豆が届くようになるのかが気になるので、リクエスト機能も使用しながら。来月以降も継続してみようと思います。ここまでお読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

 

一度は試したい!サブスク大賞受賞のコーヒー豆サブスク_post coffeeが秀逸すぎました

 

 

存在をずっと知っていたものの、ずっと試せずにいた2020年サブスク大賞受賞のコーヒーサブスクPostCoffee【ポストコーヒー】 を注文してみました。大賞らしい細やかなシステム(一番驚いた部分はここ!)や注文方法やお得の購入できるコードも記載していきます!

 

 

 

 

 

 

 

【post coffeeとは】

 

2020年サブスク大賞受賞のコーヒーサブスクPostCoffee【ポストコーヒー】

 

3種類のコーヒーを定額制‗送料無料でお届けしてくれます。注目のポイントは、オンラインで無料でできる本格的なコーヒー診断。10数件の質問の返答から、パーソナライズされた3種類のコーヒーを選出してくれます。約30万通りの組み合わせの中から、好みの味をポストにお届けしてくれます。


・毎月様々なコーヒーを毎月送料無料でお届け

・国内外の人気ロースターのコーヒーを味わえる
・取り扱いコーヒーは累計150種類以上
・コーヒー初心者でも安心して始められるコーヒーキット付き
・コーヒーが溜まってしまったときに便利なスキップ機能付き
・解約金・定期縛り期間なし

 

◆こんな方におすすめ◆
・コーヒー好きだけど、好みがわからない人
・いろんなコーヒーを飲んでみて、自分の好みを追求したい人
・コーヒーを趣味として始めたいと思っている人

 

◆プライス◆

プランはユーザーごとのカスタマイズによって約30万通りにもなるそうです。コーヒー3種類の組み合わせがコーヒー診断によってパーソナライズされるほか、砂糖・ミルク・コーヒーの挽き方・杯数などをカスタマイズできました。
私が今回注文したのは、以下一番お手頃なプラン_ベーシックプランです。


- ハンドドリップタイプ
-ペーパーフィルター付き
- 砂糖なし / ミルクなし
- 各3杯、計9杯分 / 月1回
→¥1,598/月(税込み)

 

 

【お得なクーポン】

PostCoffeeサブスク(定期便)を今回購入するのに、私は初回500円クーポンを利用しました!よかったらお使いくださいませ!

クーポンコード:coffee-81ayxb

↓ここから注文できます。

スペシャルティコーヒーのサブスクならPostCoffee【ポストコーヒー】

 

 

 

 

 

 

【自分好みのコーヒーを選ぶために質問に答えよう!】

 

f:id:chidoriashi27:20220703130643j:imagef:id:chidoriashi27:20220703130650j:image

 

この質問が結構こだわった内容驚きでした。そして質問に答えるのが楽しすぎる!13問の食の好みや好きな豆の傾向を選択する感じです。

 

実は何度も質問分岐で回答を変えてみましたが、最初の段階でコーヒー好きレベルを聞いてくる質問があり、そこでコーヒーに対する質問レベルが変動し、結果も合わせて変化していました。

 

 

↓最初の回答ではLight Lover(華やかな香り_アフリカ~中米がおすすめ)

f:id:chidoriashi27:20220703130600j:imagef:id:chidoriashi27:20220703130604j:image

 

↓何度か回答を行ったり来たりして、最終的にはLight NERD(爽やかな酸味_アフリカがおすすめ)

f:id:chidoriashi27:20220709173133j:imagef:id:chidoriashi27:20220709173218j:image

 

↓無料でコーヒー診断できます!

まだ味わったことのないコーヒーと出会えるコーヒーサブスクPostCoffee【ポストコーヒー】

 

 

 

 

 

【冒険度で届く豆の好みを調整できます】

 



上記青枠部分を左右にスライドさせて、浅煎り~深煎りなどのお届けされる豆の好みの幅を調整できました。私はもっぱら浅煎りがよいので、少し届く種類の幅を狭めて設定。

 

色々な味を楽しみたい方は幅を広げるとよさそうです。ちなみにこの調整は、初回注文後も調整ができたので、月ごとの気分に合わせて変化させられるのも嬉しいです!

 

 

 

 

 

【コーヒー以外の特典とカスタマイズの変更】

 

f:id:chidoriashi27:20220709174900j:image

 

これ嬉しい。折り畳み式のドリッパー、ペーパーフィルターが付いてくるので、自宅にドリッパーが無くても、お湯があればOK!(スケールがあるとなお、ベター。ただ私は持ってないです笑)このスタートブックにお届けコーヒー屋さんの詳細や、淹れ方などが記載されていました。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220703130639j:imagef:id:chidoriashi27:20220709174837j:image

 

最後にカスタマイズで色々希望を入力していきます。コーヒーミルが自宅に無くても粉に挽いてお届けも可能です。ここまで選択して、注文完了。

 

 

 

 

 

【まとめ】

f:id:chidoriashi27:20220709174821j:image

 

さて実はもう自宅に届いているのですが(上記画像が届いたコーヒーたち)、注文までの過程が楽しすぎて、熱く語りすぎてしまいました笑。なので、飲んだ感想は次回書いていきます。実は注文後のフォローというか、翌月に繋げられるシステムが特にすごいなあと思った所なので、そこも次回書いていこうと思います。

 

ちなみに15時までの注文で最短翌日投函なので、すぐ届きました!!

ここまでお読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

複雑な美味しさとはこの豆の事を言うのね_FUGLEN COFFEEのホンジュラスの豆

 

f:id:chidoriashi27:20220510091823j:image

大好きなコーヒー屋さんFUGLEN COFFEEの豆をこの間購入したら表現できない美味しさにびっくり。忘れないためにも書き残しておきます。

 

 

 

 

 

 

【FUGLEN COFFEE_フグレンコーヒーとは】

浅煎りコーヒーの先駆けといわれる人気店_FUGLEN COFFEE。食べログカフェ百名店にも選出されており、代々木公園、浅草、登戸、梅ヶ丘と都内4店舗あります。

以下代々木公園のお店の記事です。

 

www.chidoriashi27.com

 

 

 

 

 

【ホンジュラスの豆_エル・デュラズノ

 

f:id:chidoriashi27:20220510091723j:image

EL DURAZNO / HONDURASfuglencoffee.jp

 

私も代々木公園と登戸は時々行くのですが、今回登戸のお店に伺った際に購入したホンジュラスの豆_エル・デュラズノが、なんかもう複雑。美味しさが複雑に絡み合っていて、本当に美味しかったんです。

 

農園 / エル・デュラズノ農園
生産者 / Farmer: Francisco Alvarado
産地 / Region: Intibuca
生産国 / Country: Honduras
品種 / Variety: Bourbon 
精製方法 / Process: Washed
標高 / Altitude: 1700 masl

https://fuglencoffee.jp/blogs/coffee-beans/eldurazno

 

 

f:id:chidoriashi27:20220510092044j:image

 

ひとことで言うと複雑さ。後から押し寄せる余韻の波がハンパない。スッキリ感とは違うけれど、トロッとした甘みや麦の風味もありかなり濃厚です。もう飲み切ってしまって、買い足そうと思っている今日この頃です。

酸味★★

苦み★★

コク★★★

複雑さ★★★

爽やかさ★

 

 

 

ちなみに登戸店に伺った際、別のホンジュラスのコーヒーを飲んだのですが、こちらの方が柑橘系の酸がしっかりありました。どちらかというと、私は豆で購入したエル・デュラズノ農園の豆が好みです。

 

f:id:chidoriashi27:20220703172853j:image

 

 

 

 

 

【まとめ】

季節が夏になり、ここ最近はFUGLEN COFFEEへ伺えていないので、この記事を書いていて早く行きたい!と思ってしまいました笑。次回伺う際は、バリスタさんと相談しながら違う豆にも挑戦したいです。ここまでお読みいただきありがとうございます^^

 

 

 

5種類のコーヒー豆の違いを堪能_LightUpCoffee主催のオンラインカッピング会が楽しすぎた

 

f:id:chidoriashi27:20220508140311j:image

大好きなコーヒー屋さんのひとつ、LightUpCoffeeで全国オンラインカッピング会が開催されるとのことで、前のめりながら参加申込みをしました。カッピング会の様子をレビューします。

 

 

 

 

 

 

【コーヒーのカッピングとは】

f:id:chidoriashi27:20220508140529j:image

複数のコーヒー豆を同じ条件下で淹れ、酸味や苦味、華やかさ、香り、余韻などを比較していくことです。主には豆の買い付け時、ロースターが焙煎する時、バリスタがお店で日々変化する味の確認をするため行うそうです。

 

 

 

【LightUpCoffee主催のカッピング会】

今回はこのカッピングをYOUTUBEのオンライン上で、コメント欄を使用しながら行うというもの。以前にも実施があったそうで、今回2回目。私は初めての参戦で、大好きなコーヒー屋さんLightUpCoffee主催とだけあって、開催当日までわくわくでした。

LightUpCoffeeの記事は以下いくつか書いたので、よかったらこちらをどうぞ。

 

www.chidoriashi27.com

 

www.chidoriashi27.com

 

 

【事前に届いたモノ】

 

f:id:chidoriashi27:20220509194847j:image

 

番号だけ記載された豆5種類、ショップの冊子が開催日の1週間前位に届きました。5種類の異なる豆を同時に味比べします。

 

 

 

【準備するモノ】

 

f:id:chidoriashi27:20220509195045j:image

耐熱のマグ5個(型は同一でなくてよし)と、攪拌用のスプーン、あと量と時間をはかるスケールがあれば〇。あ、直前にコーヒー豆を挽くのでコーヒーミルも必要です。私はこのカッピング会に合わせて購入しました笑。

↓ミルの使い心地についてはこちらの記事で書きました。

 

www.chidoriashi27.com

 

 

 

【いよいよカッピング会スタート!】

f:id:chidoriashi27:20220508140507j:image

10gの豆に16.6gも沸騰したお湯を注いでいきます。

 

 

 

f:id:chidoriashi27:20220508140538j:image

お湯を注いで4分後に浮かんでいる豆を鎮めるようにスプーンで攪拌します。

 

 

 

f:id:chidoriashi27:20220508140547j:image

浮かんでいたコーヒー豆が沈んできました。ここまで出来たら、スプーンにすくって、ずずずっと吸って香りを確認していきます。

 

 

 

【テイスティングとフレーバーの確認】

f:id:chidoriashi27:20220508140556j:image

1番からオンライン上のコメント欄に自分の感じた味やイメージを書き込み、皆で共有していきます。その後、主催のLightUpCoffeeさん側から豆の産地や、この味を言語化するならこんな感じと答え合わせがあります。

 

コーヒーを飲んでみて、時々この味って何て言えばいいんだろう。って思う事ありますよね。皆で行うカッピングの良さは、この味を言語化するならこんな感じというイメージが皆のコメントから認識できる所かもしれません。

以下が私のテイスティング感想と答え合わせ。

 

1番

香ばしいナッツ系。甘さは少なくしっかりとしたボディ感。あまり好みではない。

飲み終わった後に香ばしさが残る。

→コスタリアの豆。赤リンゴ、なめらか。覚めるとナッツ感。ナッツ入りの焼き菓子。

 

2番

甘い蜂蜜、ぶどうエチオピアナチュラル?一番好き。

余韻が長い。クリアで一番華やか。ワインの豊潤さ。

→エチオピアの豆。ハニープロセス。華やか、フルーティ。桃、リンゴのミックス。余韻が長い。

 

3番

さっぱりさわやか。グレープフルーツ、カシス。後からウーロン茶の様な香ばしさ。ワイルド感。

→コスタリカの豆。ハニープロセス。一番酸が強め。フレッシュな酸。

 

4番

レモンティ、紅茶。酸っぱくないピンクグレープフルーツ。トロピカルティ。上品な甘さ。おいしい、好き。明るい。

→ルワンダの豆。紅茶、缶詰めみかん、クリーン。

 

5番

ハーブ、複雑さ、奥行きがあるおいしい、これも好き。青々しい。ホンジュラスかな。

→ホンジュラスの豆。ウォッシュド。森林の香り。ノルディックアプローチからの生豆。

 

 

 

 

【まとめ】

初めてのカッピング会。なかなか同タイミングでコーヒーを5種類も飲む機会がないので、実際飲んでみると、味の違いは明確でした!私はコスタリカ系より、ホンジュラス、ルワンダ、エチオピア系が好きみたいです。

 

自分の好みが見えてくるのもカッピング会の嬉しいところでした。次回開催時はまた参加したいです。ここまでお読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

お寺と珈琲【2022イベント‗珈琲参道】新緑の中で飲む珈琲は至高

 

f:id:chidoriashi27:20220507155709j:image

 

小田急線狛江駅前の泉龍寺にて、開催のイベント「2022珈琲参道」に行ってきました。お寺の中で小田急沿線の人気珈琲ロースタリーやフード店が多数出店し、当日券も完売するほど人気のイベント。ちょっとした森の中での珈琲イベント。どんな感じだったかレビューしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

【珈琲参道とは】

f:id:chidoriashi27:20220507160403j:image

 

コロナで3年ぶり開催の珈琲参道。小田急線‗狛江駅徒歩1分泉龍寺内に多数の珈琲ロースタリーが出店するイベント。珈琲以外にもフード、ワークショップの出店や音楽イベントなども開催されます。2日間で別のショップが出店し、1日20店舗位が展開。

 

そこまで大きくない小規模イベントですが、その小規模感がいい。こういったイベントは大規模になればなるほど、大行列と人の波でそれだけで疲れることも多いのですが、数人並んでいる位で購入できる気軽さや、10時オープンから13時までは前売りチケット購入者のみの入場に制限されていたので、その時間の滞在では込み合わずゆっくりまったりできました。(13時にはイベント会場を離れたのでその後の混雑さは不明)

 

なお普段は入場できない近隣の緑地保存地区が、「珈琲参道」にあわせて特別開放もされていました。今年は5/4、5/5と2日間の開催で両日ともに前売りチケット(¥500)は完売。当日券を求めて行列もできていました。

 

f:id:chidoriashi27:20220508143734j:image

 

私は5/5の前売りチケットを事前に購入して行きました。当日は晴天で暑いくらいでしたが、お寺の中は木々が日陰になり、まったく暑くなく快適!気持ちいい風と美味しい珈琲で本当に最高の時間でした。珈琲好きで味比べをされたい方はぜひ行っていただきたいイベントです。

 

 

 

 

【Finetime Coffee Roasters】

 

f:id:chidoriashi27:20220507160442j:image

まず飲んだ珈琲はFinetime Coffee Roasters

世田谷区経堂にあるスペシャルティコーヒー専門店。オーナーはコーヒーマイスター、コーヒー鑑定士の資格を持ち、日本エアロプレスチャンピオンシップ入賞されています。フルーツの様にきれいな酸味と甘みのあるコーヒーが魅力。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220507160458j:image

飲んだのはエチオピア ウォルカサカロ_ナチュラル¥600。おいしーです。きれいな透明感が印象的。クリアではありますが、豊かなジューシーさもしっかり感じられ心地いい浅煎り珈琲。

 

 

 

 

 

【サンドイッチと焼き菓子COUP DE COEUR】

f:id:chidoriashi27:20220507164806j:image

忙しい毎日に、変化の欲しい日常に少し特別なサンドイッチを。をテーマにした狛江にあるサンドイッチ&焼菓子専門店。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220507164819j:image

左のフォカッチャ2種がモチモチ食感でペロリでした。

 

 

 

 

 

【SR Coffee Roaster & Bar】

f:id:chidoriashi27:20220507160930j:image

スウェーデン・ストックホルムに焙煎所を持つ「STOCKHOLM ROAST AB」との共同運営をし都内に2店舗コーヒーショップを運営するSR Coffee Roaster & Bar。濃すぎず薄すぎもせず、飲み飽きない味わいのコーヒー、最たるクリアさが魅力。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220507160943j:image

注文したのはブラジル。ミディアムローストでナッツの軽やかな香りと、しっかりとしたボディ。

 

 

 

【まとめ】

f:id:chidoriashi27:20220507160338j:image

 

美味しい珈琲と新緑を楽しめる珈琲参道。外で飲む珈琲ってなんでこんなに美味しいんでしょうね。今年初めて伺ったので1日だけの参戦でしたが、次回は2日間とも行きたい。珈琲が好きな方、小規模イベントが好きな方はぜひおすすめしたいイベントです。ここまでお読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

 

食わず嫌いだったコーヒーミル。使い出すと愛着がわいてくるヤツだった話。

 

 

 

ずっと迷っていたコーヒーミルを初めて購入して1か月経過しました。絶対めんどくさいと思い、ずっと見て見ないふりをしていたのですが、ひょんなことから購入を決意。今使っている器具たちと合わせて、使い心地をレビューします。

 

 

 

 

 

 

 

【購入したミル HARIO‗コーヒーミル・セラミックスリム】

 

f:id:chidoriashi27:20220417164848j:image

 

手挽きミルで定番というか、安定のおすすめ、これを購入しておけば間違いなしといえば、HARIOセラミックスリム

  • 2千円前後
  • 1~2人分挽ける
  • 素材:メタクリル樹脂、セラミック、ポリプロピレン、ステンレス
  • サイズ:15x7.2x22cm
  • 本体重量:400g
  • 粉の粗さは、20段階あるつまみを回す(細挽き、中挽き、粗挽き)
  • 臼部分はセラミック製で分解して水洗いが可能

 

購入を決めるポイントとして、途中でめんどくさくなって挽かなくなることを想定して笑、安価であること、洗えること を決め手に購入。さっそく使った感想として…

 

  • 最初の数回はやはりめんどう。と思ったけれど、1週間も過ぎると使い慣れてきたのか、特に苦ではなくなった笑
  • 女性の手には、太さがそれなりにあり滑りやすくて苦戦したが、最終的には太ももで本体を挟みつつ右手でハンドルを回す作戦に落ち着く笑
  • 使うたびに洗わないとだめかな?と思っていたが、毎回洗うのはクリアの粉を入れる部分だけ、臼部分は週数間に1回位で大丈夫だった(気になる方は毎回どうぞ、私はずぼらなので数週間でOK)

 

では、画像もまじえて詳細を書いていきます。

 

 

 

 

 

 

【まずは使っている器具たち】

 

f:id:chidoriashi27:20220417164809j:image

 

こうやって改めて並べてみると全部HARIOでした。HARIOはデザインもシンプルで飽きもこないうえに、安価なのも購入しやすいところだと思います。そして使いやすい。

 

↓HARIO‗コーヒードリッパーV60

安心のプラスチック素材。今まで何度も床に落とす度にプラ素材でよかった~と胸をなでおろしてます!

 

↓HARIO‗ドリップケトル

これはなんといってもデザインが素敵。シンプルイズベスト。

 

↓HARIO‗コーヒースプーン

これに関しては特にコメントなし笑。

 

 

 

 

 

 

【1人分を挽いてみる】

 

f:id:chidoriashi27:20220417164954j:image

コーヒースプーン摺り切りで約12gなのでそれより少し多めに豆を入れます。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220417165014j:image

引き目のチェック。20段階で調節できるので私は大体、中挽きの8~11段階。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220417165039j:image

挽き終わりまで約5分。男性ならもっと早く引き終わると思います。挽く際のチカラ加減は、ところどころでぐっと力をかけて回す感じ。男性はそこまで大変ではないと思いますが、普通の女性だとそれなりにチカラをかける必要あり。でも挽きながらコーヒーのいい匂いがしてくるので、結構頑張れる

 

 

 

 

 

【豆が挽けたので淹れてみる】

 

f:id:chidoriashi27:20220417165056j:image

ぱらぱら。ぱらぱら。

 

 

f:id:chidoriashi27:20220417165129j:image

フーム、いい匂いです。

 

 

 

 

【まとめ‗粉で購入、豆で購入の違いはどれだけあるのか】

 

f:id:chidoriashi27:20220501163134j:image

 

粉にして購入するのと、豆で購入するのとどれだけ違いがあるのか…

  • 挽きたてはやはり香りがしっかり感じられる
  • 自己満足

かなあと。挽きたての方がやはりおいしいのは確かですが、粉にしてすぐ飲み切ることができる方は粉で購入でも全然よいかと思います。

 

私は最近色々なショップで豆を購入することも多くなり、すぐ飲み切れない場合もでてきたので、冷凍しながら保管するには豆で購入するほうが使い勝手はよくなってきたので、ミルを購入してよかったです。ここまでお読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

Wi-Fi 電源 CAFE【明治神宮前‗TRUNK(BAR)/トランクバー】色々なシーンで使える素敵カフェ

 

f:id:chidoriashi27:20220420161536j:image

 

毎日テレワークの筆者がおすすめするWi-Fi、電源完備のカフェ。この記事では、明治神宮前駅から徒歩8分。渋谷駅から徒歩5分。ゆっくりPC作業、恋人とまったりするなど色々な使い勝手ができるおしゃれカフェをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

【TRUNK(BAR)/トランクバーとは…】

 

f:id:chidoriashi27:20220420161609j:image

 

  • アクセス

 明治神宮前駅から徒歩8分、渋谷駅から徒歩5分

  • 営業日

 日曜日〜木曜日 9:00〜23:00

 金曜日& 土曜日 9:00 A.M.〜12:00 A.M

  • Wi-Fi

 あり。フリーではなくお店専用のWi-Fi。

 繋がりは早く快適パスワードはスタッフの方に聞くと教えてくれます。

  • 電源

 ざっと見た感じは以下場所にあったのでカフェ内6.7割の席にありそうです。

 長い横テーブル(20席前後

 奥のテーブル席(背面足元にありました)

  • 店内、席数

 80席天井がかなり高いためか、窮屈感はまったくありません。ソファー席も1人用、2人用、3人用と様々なサイズのソファーが3~4台前後あります。

  • 客層

 30代以上のゆるいオトナたちがメイン。PC作業していたり、打ち合わせをされている方もちらほら。

 

 

 

 

 

 

【コーヒーを注文してみる】

 

f:id:chidoriashi27:20220420170523j:image

 

訪問したのは、平日14時ころ。7割位のお客さんがいました。注文は奥のネオンサイン部分のカウンターで注文します。

 

頼んだのは、ロングブラック‗アイス¥650位。アイスコーヒーの少し濃い味とのこと。浅煎りではなく深入りコーヒーなので、しっかり濃く苦みが好きな方はきっとお好きな味だと思います。他には、カフェ兼BARなのでお酒も飲めます。

 

 

軽食などもあるようですが、施設内TRUNK(store)で販売している軽食の持ち込みもOKらしいです。(storeストアー)については下記にて記載しました。

 

 

 

【内装と居心地は…】

 

f:id:chidoriashi27:20220420170534j:image

 

カフェ(バー)、ホテル、ショップなどが併設している施設なので、人の出入りも多く、割と長居しても大丈夫そうな印象。私は3時間位滞在しましたが、問題なしでした。

照明も暗め、BGMも大きめ、ソファー席もたくさんあるので、恋人と一緒にまったりするのもよし、1人でPC作業もはかどります。

 

施設内にTRUNK(kitchen)という、食事できる場所もあるので、しっかり食事がしたい場合はkitchenの方がよいかもしれません。

 

 

 

【TRUNK(store)はどんな感じ?】

 

f:id:chidoriashi27:20220420181256j:image

 

BARの横に併設された、おしゃれなコンビニ風の内装。軽食やドリンク、ホテルのアメニティも販売していました。

 

f:id:chidoriashi27:20220420181939j:image

 

storeで購入したドリンクと軽食は中庭外席でも飲食できそうです。中庭は割と広く、暖かい日は気持ちよさそう。

 

 

 

 

【まとめ‗おすすめのシーン】

★3つをMAXで評価しました。私としては、今後何度もリピしてしまいそうな位、居心地よしのおしゃれカフェでした。

 

恋人とまったり:★★★(全体的に暗めの照明とソファー席でいい感じです)

1人で仕事:★★★(静かすぎず、ガヤガヤし過ぎず、Wi-Fi環境サクサク)

コスパ:★★(単価はチェーン店のような激安なわけではないので2つ)

 

 

 

 

 

【おまけ】

 

f:id:chidoriashi27:20220420164926j:image

 

f:id:chidoriashi27:20220420164931j:image

 

かなりこだわった内装で、男女も分かれたレストルーム。男女分かれているのって地味にありがたいですよね。ここまでお読みいただきありがとうございました^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅煎りコーヒー人気店‗GLITCH COFFEE。エチオピアのコーヒーを飲み比べ

 

f:id:chidoriashi27:20220303153034j:image

 

近くまで来たので、ずっと気になっていた神保町にあるGLITCH COFFEEへ行ってきました。ショップやコーヒーの味などレビューしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【GLITCH COFFEEとは】

 

f:id:chidoriashi27:20220303152842j:image

 

地下鉄‗神保町駅から徒歩5分バリスタ世界チャンピオンのポール・バセット氏の元で、バリスタとしてのノウハウや技術を習得した鈴木バリスタのお店。シングルオリジンの浅煎りしか扱っておらず、コーヒーイベント等の際は長蛇の列でができる人気店です。

 

入口入ってすぐに展示販売しているコーヒー豆が目を惹きます。(一番上部画像)だいたい10種類位の豆がありました。ここがレジカウンターも兼任していて、この豆たちを見ながら豆のセレクトとお会計をします。

 

バリスタの方々はブラックのジャケットスタイルでとても素敵でした。ロースタリーで制服があるのって珍しい。

この神保町の店舗はそこまで広くなく、店内4~5テーブル位、カウンター4~5席、外ベンチ4脚くらいの規模です。訪問したのは平日13時くらい。その時間で店内は満席状態だったので外のテーブル席へ。

 

 

 

 

 

【飲み比べSETを注文してみる】

 

f:id:chidoriashi27:20220303153529j:image

 

おすすめ豆を伺いながら決めたかったのですが、数人並んでいてゆっくりコーヒーが選べず。とりあえずバリスタさんにエチオピアが好きと伝えた所、精製方法・豆の産地が違う飲み比べをおすすめされました。¥1300くらい。1杯¥800位だったと思うのですが、飲み比べSETだと -¥300割引されました。

カップはGLITCH COFFEEのオリジナルの波佐見焼。外側には家紋ロゴデザインが施されていて日本らしさが窺えます。

 

ナチュラルとウォッシュドの精製方法の違いは以下記事で書いたのでよかったら。

www.chidoriashi27.com

 

 

 

 

 

 

【ETHIOPIA YIRGACHEFFE HALO BERITI(エチオピア・イルガチェフェ・ハロ・ベリチ)】

 

f:id:chidoriashi27:20220416171739p:plain

 

製法:ナチュラル

白桃、ワイルドベリーのフレーバー。

ウオッシュドと比較すると、いい意味でのキリっと感がなくマイルドなフルーツの酸味。ちょっと一息いれて落ち着きたいときに飲みたくなる味。私はマイルドな酸や苦みが好きなので、ナチュラルの方が好みでした。

 

 

 

 

 

【ETHIOPIA GEDEB WORKA SAKARO(エチオピア・ウォルカ・サカロ)】

 

f:id:chidoriashi27:20220416171717p:plain

 

製法:ウオッシュド

GLITCH COFFEEの定番の豆でジャスミンやマスカットのフレーバー。爽やかなOrange。長く続く綺麗な余韻とのこと。

飲んでみてナチュラルに比べると、フルーツの苦みや明るい感じがとても明確。キリっとしてますが、浅煎りらしいジューシーなキリっと感。午前中に飲むと元気になれる味。

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

バリスタさんの制服やカップ、内装など、こだわりを随所に感じられるGLITCH COFFEE。名古屋にもお店がある様なので機会があればいつか訪問してみたいところです。ここまでお読みいただきありがとうございました^^